お好み焼きは美肌食

お好み焼きと言えば大阪など西日本に定着しているご当地グルメで、炭水化物の代名詞のようにも思えてしまいがちですが、実はほとんどがキャベツで、かなりバランスの良い美肌食なのです。

 

お好み焼きは小麦粉を大量に使うイメージがありますが、実は1枚当たりにすると全体の10%以下で、80%はキャベツが占め、つなぎの長芋や野菜ダシが10%前後ということで、むしろ『野菜焼き』と分類できそうですね。

 

ソースも太るイメージがありますが、実は原材料はトマト・タマネギ・リンゴなどを煮詰めたものです。

 

かけることによって美味しくなるだけでなく、野菜もさらにたっぷり摂れることになり栄養満点です。

 

豚ばら肉を使うのが代表的ですが、完全栄養食ともいわれる卵も入り、少量の動物性タンパク質とどっさり野菜のバランスは疲労回復効果や、つやつや肌キープにも効果ありです。

 

またキャベツのビタミンU(キャベジン)が胃腸を保護して、食べ過ぎても翌朝の胸焼けや飲みすぎによる体への負担を軽減してくれるそうです。

 

「お好み」焼きと言われるだけに、自分の好みでいろんなものを混ぜ混んで作ることができ、目的に合った美肌食にすることができるのも魅力的ですね。

 

お好み焼きの美肌効果

お好み焼きは第二次大戦後の食糧不足の時期に、少量の小麦粉・野菜・お肉・魚介類を一度に混ぜて焼くとボリュームのある料理になるとして誕生したそうです。

 

合理主義の関西人気質にあう料理で大阪を中心に昭和30年代から急速に広まり、ご当地グルメとして定着しました。美肌の基本「う・な・は・だ・け」が揃う栄養価なのだそうです。

 

「う」は潤いで、山芋のムチンからヒアルロン酸補給ができることから。「な」なめらかさで、こんにゃくからセラミド補給できることから。「は」ハリで、肉類や魚介からのコラーゲン補給ができることから。「だ」は弾力で、かつおぶしのエラスチンが補給できることから。「け」は血色で、肉類からの鉄分補給ができることからきているそうです。

 

食べてみたいと思っていても苦手で食べられなかった食材も、お好み焼きに混ぜれば美味しく食べることもできます。なんといっても鰹節・ソース・マヨネーズをかけると定番のお好み焼き味になるところが魅力ですね。美肌料理のひとつとして是非活用してみたいです。

 

お好み焼き美肌レシピ

美肌食お好み焼きの基本は小麦粉・キャベツ・卵です。他に入れる一般的な具材としては豚肉・エビ・いかなどでしょうか。定番のお好み焼きでももちろん美味しいのですが、入れる材料に工夫を凝らして美肌食としての効果をUPさせることができます。

 

例えば豆腐・大根おろし・もやしなどがおすすめです。イソフラボンや食物繊維をプラスでき、味も損ねない上にもちもち感もUPします。

 

大根おろしとはそのまま、豆腐は手で潰して、もやしはみじん切りにして生地に混ぜ混みます。目安はそれぞれ一人前に大さじ1〜2程度でしょうか、入れすぎると生地がまとまりにくくなりますが好みで増減してみてください。

 

他にも小松菜やニンジンや鶏肉もおすすめです。苦手な食材を生地に入れてミキサーなどで液状にするのもお手軽です。

 

基本の焼き方は、温めたフライパンやホットプレートに油をしいて生地を広げて焼きます。豚肉は生地を広げたあとに上にトッピングして、やや強火で4分加熱します。

 

裏返して中火に落としてトッピング面を4分加熱。また元の面に戻して中火のまま2分加熱します。厚さで変わりますが、大体合計で10分焼くと中まで火が通って、中はふんわり、表面のお肉はカリッと仕上がります。

 

お好み焼きでおいしく美活しちゃいましょう。

関連ページ

しょうゆ麹
美容や健康食として話題の塩麹。発酵食品なので抗酸化作用もありアンチエイジングの面でも人気があります。
DMAEの美肌効果
サーモンやイワシに入っているDMAEという成分が、肌などの筋肉を引き締めて、ハリを出し、たるみ防止へと導いてくれるそうです。
サバ缶で缶詰美容
美容雑誌やサイトでもレシピ特集が組まれてブームになってきているサバの缶詰
アーティチョークの美肌効果
ワインのお供のおつまみとして出されたりするおしゃれおつまみアーティチョーク。実はデトックス効果が抜群なのです。
良い美容形成外科クリニックの見分け方
「こんなに毛深く無ければ、オシャレをもっと楽しめるのに」「ムダ毛を自分で処理するのはもう面倒だ!」という方には、永久脱毛をお勧めします。
脱毛ローションは、抑毛効果のあるアフターローションとセットで使用がベスト
ムダ毛が多い体質で、特にスネの毛が目立つので、薄着のシーズンやフィットネスクラブの水着姿になる時は、処理で憂鬱になる日々でした。
ビタミン剤で美肌
スキンケアだけでは解決しない肌悩みにピンポイントで効果を期待できるお助けアイテムビタミン剤
ファンケルの角質マーカー診断
ファンケルがはじめた角質マーカー診断というサービスがあります。肌トラブルや老化に関わる特定のタンパク質の量を計測してくれるというもの
一重項酸素とアスタキサンチン
病気や肌荒れなど私たちの体に様々な悪影響を及ぼす活性酸素ですが種類は様々です。
トラブルの原因となった美白成分
カネボウ化粧品が独自開発し「メラニン生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ効果を有する」